作り方一覧

用意するもの(量は二人前です)

「しゃぶつゆの素」 1本
長ねぎ 3本
レタス 1/4ケ
しゃぶしゃぶ用スライスの豚肉 200g
※ゆずこしょう
【1】長ねぎは笹打ち切りにして水にさらします。レタスは大きめにちぎります。
2】「しゃぶつゆの素」1 に対して倍量の水を加えて沸騰しない程度に温めます。 [ 割合は しゃぶつゆの素  1 : 水 2 です ]
 《 しゃぶつゆの素 140cc と 水 280cc 》(二人前分)

【3】あとはお鍋にお湯、もしくは昆布出汁を準備し、沸いたら【1】の野菜を入れ、野菜がしんなりしてきたら
お肉をしゃぶしゃぶして【2】で温めたつゆにつけてお召し上がりください。
 ※お好みで入れるゆずこしょうは、【2】のつゆに適量入れてお召し上がりください。
※しゃぶしゃぶ・しゃぶすきの野菜類は他にも
 水菜・ほうれん草・えのき茸・にら・もやし・豆腐などを入れても美味しく召し上がれます。

※しゃぶしゃぶ・しゃぶすきの〆には「日本そば」または「うどん」を入れてお楽しみください。
参考: しゃぶつゆの素70ccと水140cc(一人前)、しゃぶつゆの素200ccと水400cc(三人前)、しゃぶつゆの素275ccと水550cc(四人前)

用意するもの(量は二人前です)

「しゃぶつゆの素」 1本
長ねぎ 3本
レタス 1/4ケ
生たまご 2ケ
しゃぶしゃぶ用スライスの豚肉 200g
※ゆずこしょう
【1】長ねぎは笹打ち切りにして水にさらします。レタスは大きめにちぎります。
【2】「しゃぶつゆの素」1本(275cc)と 水(820cc)を鍋に入れます。 [ 割合は しゃぶつゆの素  1 : 水 3 です ]

【3】【2】の鍋が沸いたら【1】の野菜を入れ、野菜がしんなりしてきたらお肉をしゃぶしゃぶして生卵にからめてお召し上がり下さい。
 ※お好みで入れるゆずこしょうは、あらかじめ【2】の鍋に入れておくのがお薦めです。

つゆを温める
(1)沸騰したお湯の中に袋ごと入れ、5分程度湯せんにかけます。
(2)袋を開け、どんぶりにあけてください。

※湯せんから袋を取り出す際は火傷に十分注意してください。
※湯せんから取り出した袋を開ける際はハサミ、包丁等を使用し、手を切らないよう十分注してください。


(3)つゆの薬味として「玉ねぎみじん切り」「青ネギ」「七味・一味」等を入れるとより美味しく召し上がれます。
そばを茹でる。
(1)鍋にたっぷりの水を用意する。(そば1袋当たり2リットル程度)
(2)そばを袋から取り出し、回りに付着している白い粉を軽くはたいて落とします。
(3)沸騰したお湯にそばをほぐしながら入れ鍋底にくっつかないように箸で数回かき混ぜます。
(4)約90秒~120秒程度茹でたら、ザルに移し水で洗い、冷やします。
(5)よく水をきってから器に盛って上記で温めたつゆにつけてお召しあがりください。
※そばの茹で加減は途中で1本とってみて、お好みの時間で調整してください。
※そばの茹で湯は途中で別のお鍋等に少しとっておくと、最後にそば湯として楽しめます。

「しゃぶつゆの素」は他にも、親子丼やカツ丼などの丼物、温かいそばやうどんのつゆ、おでん、だし巻き玉子、おひたし、揚げだし豆腐、焼魚の漬けつゆ、和風パスタ、湯豆腐など様々なお料理で市販の「めんつゆ」や「だし醤油」のような感覚で利用できます。お試しください。

◆◆トマトのおひたし◆◆

湯向きしたトマトの表面をフォークや箸等で数か所穴をあけます。
ビニール袋にトマトとしゃぶつゆの素を少々(15cc~20cc程度)入れて空気を抜くようにして袋を縛ります。
冷蔵庫で一晩寝かせて出来上がり。

食べた瞬間はトマトのフレッシュ感が漂い、後味にほんのり、しゃぶつゆの風味が香ってきます。

◆◆トマトのステーキ◆◆

トマトを厚めに切ります。
フライパンにサラダ油を少量ひきます。強火でさっと両面に焼色をつけます。
しゃぶつゆの素とバターを少量入れてトマトに絡めて出来上がり。

トマトの酸味と、しゃぶつゆの旨みにバターのコクが加わり絶妙のソースが出来上がります。
そのままでも美味しいですが、トマトの上にガーリックチップや玉ねぎのみじん切りなどを添えると、さらに美味しくなります。